部活動メニュー

本校生徒の支援体制について

本校では、「教育相談・特別支援教育委員会」があり、次のような活動を行っています。
(本校は埼玉県教育委員会によるスクールカウンセラー配置校)

メンバー 
教頭(委員長)・養護教諭・スクールカウンセラー・特別支援コーディネーター・
各学年代表1名 の計7名

活動内容
1 生徒からの悩みの相談について
2 保護者からの相談(スクールカウンセラー)について
3 不登校生徒の把握と対応
4 特別な支援が必要と思われる生徒の把握と対応
5 教員研修会の実施(非公開)

※ご意見、ご質問等は教頭までご連絡ください。
 

学校の方針




 

お知らせ

ネットトラブル注意報(第6号)について
埼玉県教育委員会より、各学校に送付された情報です。
昨今の児童生徒が使うスマホやパソコンについてわかりやすく
解説されていますので、興味のある保護者の方等は是非ご覧になってください。
(尚、下のテキストはパワーポイントが開きにくい場合がありますので、
ご了承ください。)

第6号 子どもたちがよく使うインターネットツールとその特徴について.pdf
テキスト 第6号 子どもたちがよく使うインターネットツールとその特徴について.pptx
 

生徒、保護者の皆様へ

 

お知らせ

New上尾橘へチェンジ

上尾橘高校は平成30年度入学生より大きく変わります。

○ 情報コースの募集を停止し、普通科として200名を一括募集します。高校受検前にコース選択で悩む必要がなくなりました。

○ 2年時より類型制を導入します。進学に対応した「アドバンス」、基礎からの学力を養成する「スタンダード」、現在の情報コースをさらに発展させた「情報ビジネス」の3つに分かれます。

○ 3年ではさらに5つに分かれ、一人一人の進路に合った学習ができます。

在の上尾橘高校の特色はそのまま生かし、さらに発展させます。

○ 少人数授業、習熟度別授業、ティームティーチング、基礎から学び直すブラッシュアップタイムなどにより、わかる喜びを味わうことができます。わからないときは「わからない」と言える授業、「わからない」ことを先生に気づいてもらえる授業が自慢です。さらに今年度より学習サポーターによる指導も加わりました。

○ 部活動や体験活動も充実しています。6年前、埼玉県の高校として初めて東北支援ボランティアに生徒36名を派遣し、その後も毎年派遣を続けています。さらに1年生全員が5日間の就労体験活動を行うなど様々な体験により、できる達成感を味わうことができます。

○ 資格の取得に力を入れています。生活指導に関しても共通理解を深めながら厳しく指導しています。進路指導も1年時から丁寧に行い、就職内定率は近年100%を維持しています。

これらの取組により自信をつけて社会に飛び立つことができます。実際に多くの生徒は「橘高校でよかった!」と言いながら卒業していきます。

あなたも上尾橘高校で「わかった!」「できた!」を味わい「自信」をつけてみませんか。

  上の拡大図はこちらから

 
平成30年度入学生の新しい教育課程はこちらからご覧ください

※ これまで情報コースでは商業科目を各学年6単位の計18単位学びましたが、平成30年度入学生からは1年全員が2単位、情報ビジネスコースでは2年で6単位、3年で8単位の計16単位学ぶことができます。

 詳しいことをお知りになりたい方はぜひ学校説明会にお越しください。お待ちしております。
 

被災地支援活動

東北地方を中心に甚大な被害をもたらした
東日本大震災から6年が経過いたしました。
被災された皆様、そして今なお避難生活を
送られている皆様に心からお見舞いを申し上げます。そして、一日も早い復興をお祈り申し上げます。


ベネッセコーポレーション発行の教育雑誌
[VIEW21]に掲載されました。

 
各種リンク
                                          


    

  Today :
Yesterday
 
Your Guest Number is
Since August 8, 2006


All Rights Reserved, Copyright (C) 2017, 
Ageo Tachibana High School, Saitama, Japan